Loading

BLOG

真面目に作られたサプリメント

ペロリンスマイル

弊社の商品「ペロリンスマイル」ですが、
日本で販売されている「犬猫用のサプリメント」で、
真剣に考えて作っているものは、弊社だけではないでしょうか。

・完全オリジナル
・私の飼っていた犬(3匹)で先ずは臨床。
・犬猫合わせて数十匹で臨床。
・19歳と10ヶ月まで生きた私の犬に最後の最後まで飲ませている。
・弊社社員も飲み臨床を行っている。
・獣医師と世界と戦うトップブリーダー監修

これだけの事をしている会社は先ずありません。

弊社の商品に即効性はありません。
即効性のある商品は怖いです。
即効性はないですが、しっかりと効いてきます。
(人間用として購入して下さっているお客様もいます。)

平成 28年2月12日に株式会社ディーエイチシーの
代表取締役会長・CEOである、吉田嘉明さんの言葉を引用しますと、

私どもが扱っている商品を見てみましょう。

まず化粧品です。

化粧品を扱っている会社 の多さにみなさんはびっくりしませんか。

厚労省の調べでは化粧品の製造業者・製造販 売業者の数はあわせて約 7000 あるそうです。

販売だけをしている会社はそれよりもけ た違いに多いはずなので驚くほどの数になります。

いわゆる化粧品メーカーとしてメディアで宣伝している会社で自社工場を持っているところはほとんどありません。

下請け会社に丸投げしているのです。

下請け会社では、通常数十社・数百社の化粧品を同じような処方で乱造しています。

当然オリジナルではありませんし、金太郎飴みたいなものです。

偽物か似非ものということになります。



サプリはどうでしょうか。

厚労省が任意に調査したところ、海外からの輸入品サプリの半数以上に

有毒物質が含まれていたというニュースが新聞に出ていましたね。

恐ろしい話です。

これこそ正真正銘の偽物ですね。

海外のサプリには絶対に手を出してはいけません。



国内のサプリメント会社も化粧品に負けないくらいの数の多さです。

DHCで徹底的に調べたところ、日本で良心的なサプリの会社は片手に入るほどしかありません。

有名なところも含めてほとんどがインチキです。

サプリ会社はどこもDHCのまねをしようとしていますが、中身が伴っていません。

処方はめちゃくちゃ、有効成分は必要量の十分の一以下だったり、それに何より値段が高すぎます。

自社の研究室すら持っていないところもあります。

サプリに関して言えば、DHCは断トツの日本NO.1の会社です。

DHCは本物です。

何が本物で、何が偽物・似非ものなのかよくお分かりになったと思います。

本物は常に正義を追求します。

本物は自主性と創造性を持って行動します。

本物は他人のために尽くします。

本物はつらいことに遭遇してもじっと耐えます。

本物は並外れた勇気と根性 を持っています。

本物には揺るぎない一貫性があります。

そして、
(株)ディーエイチシー(DHC)はテレビCMで「薬三層倍」の内容で配信。
CMで配合量・適正価格を訴求し、製品づくりに対する誠実な姿勢をアピールされ、
同社の企業理念である「どこよりも優れていなければ、製品化しない。」をイメージさせる“ことわざ”として「薬九層倍」(くすりくそうばい)を紹介し、
さらに「中身の見えないサプリだからこそ誠実に作る」事を訴求されています。

「薬九層倍」と言う諺は江戸時代に生まれた言葉で、薬の売価は原価よりはるかに高く、原価の9倍もするという意味です。

では私共の製品はどうでしょう?
なんと私共が販売している「ペロリンスマイル」の売価は原価の3倍未満です。

なぜそんな価格で販売するのか。
理由はいたって簡単です。

皆様にもわたくしと同じように、
「愛する家族と笑顔でいて欲しい」
からに他なりません。

以下の画像がペロリンスマイルを飲ませる前と、飲ませた後の血液検査の結果です。

今後ともどうぞ弊社完全オリジナルサプリメント
「ペロリンスマイル」
を宜しくお願い致します。

Blogをご覧頂いた方に特別なクーポンを配布しています。
↓ ↓ ↓
クーポンサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

老犬介護日記 形見

ベビースキーマ

関連記事

  1. 老犬介護日記 私のミスかも?!

    2017.08.02
  2. 老犬介護日記 白内障

    2017.07.14
  3. 老犬介護日記 おチン洗浄

    2017.07.15
  4. ペロリンスマイルの食い付きは抜群!!

    2019.05.17
  5. VeRUS Cat Food 販売開始

    2018.02.09
  6. 猫もフィラリアに注意

    2018.06.17
PAGE TOP