Loading

BLOG

老犬介護日記 いつも頭隠してなんとやら

老犬の介護は大変です。

犬の認知は人間と似ていると言われています。
医学が進歩し、犬の寿命も延びている今、それ相応の覚悟が必要であると思います。

昔のように、雨が降ろうが嵐が来ようが、雨漏りするような犬小屋で飼育し、
人間の残飯を食べさせ、足りないときには王道「ビタワン」を与える。
※ビタワンが悪いという意味ではなく、当時はビタワンが主流でした。

そんな時代ではなくなってきました。

高齢になればなるほど、下の世話が大変になります。

私はどれだけ、自分の犬のウンチを足で踏んでしまったり、
失敗しそうになったオシッコやウンチを手で受けたりしたことか。

深夜まで仕事をして帰宅してから、数時間かけて掃除だけではなく、
犬をお風呂に入れ、気がついたら睡眠時間はほとんどないなんて、ザラでした。

ぐでんぐでんに酔っ払って帰ってきて、
側で「ごめんね、明日早起きするから」と謝って寝ても、
臭くて目が覚めて結局、掃除と入浴。

そんな世話が待っていることを想像して、ご自宅に迎えて頂けると嬉しいなと思います。

なかなか楽しんで介護はできませんが、同じ時を愛情を持って過ごせば、
幼犬の時と同じように、お爺ちゃんお婆ちゃんになっても、
変わらぬ可愛い彼らが、そこにいます。

Blogをご覧頂いた方に特別なクーポンを配布しています。
↓ ↓ ↓
クーポンサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

老犬介護日記 生きよう

老犬介護日記 生への渇望か

関連記事

  1. 老犬介護日記 白内障

    2017.07.14
  2. 老犬介護日記 天国への階段

    2018.04.18
  3. 老犬介護日記 生きよう

    2018.03.23
  4. 老犬介護日記 おむつ選びは難しい

    2018.02.20
  5. 老犬介護日記 最後のお別れ

    2018.05.10
  6. 老犬介護日記 頭隠して

    2018.02.19
PAGE TOP